睡眠時無呼吸症候群の診療を行っています

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

寝ている間に、呼吸が止まる回数が多い状態です。
10秒間以上呼吸が止まることが1時間に5回以上あると、異常と考えられています。
無呼吸症候群の人はいびきがひどく、日中にも眠気が強いのが特徴です。
さらに、睡眠時無呼吸症候群は、以下のような病気を悪化させたり起こしやすくなる危険があります。

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 心筋梗塞や脳卒中
  • また、日中の眠気が強いため交通事故や仕事中の事故を起こしやすくなります。

無呼吸を治療することにより、これらを改善することができます。


睡眠時無呼吸症候群の疑われる症状
  • よくいびきをかく
  • 朝の目覚めが悪く、頭がすっきりしない
  • 朝起きた時に頭痛がする
  • 日中の眠気に悩んでいる
  • 高血圧や糖尿病にかかっている
検査の方法

1.疑わしいかどうかの最初の検査(酸素飽和度検査)

ポータブルの器具を使い、自宅で睡眠中の呼吸を調べる

 

 

 

 


2.精密検査(ポリソムノグラフィー、PSG)

 入院していただき、専用の検査機器を使います。より詳しく睡眠の状態を調べます。
 呼吸状態だけでなく、脳波や筋電図、眼球の動きなど、睡眠の状態を総合的に評価できます。

当院では、心臓エコー検査やMRI検査なども組み合わせて行い、さらに詳しく心臓病や脳卒中の危険性も調べています。
 そうすることで、より適切な治療が行えます。


治療の方法

1生活習慣の改善

  • 肥満の方は、減量することが大切です
  • 禁煙
  • アルコールの量を減らす
  • 睡眠中の体位の工夫

体重減量に成功し、症状が改善した方をこちらにご紹介しています

2.内科的治療

CPAP療法
小さな人工呼吸器のような器具を用い、マスクをかけることにより呼吸をしやすくする治療です。
睡眠時無呼吸症候群の中心的な治療です。

3.外科的治療限られた場合に、外科的な治療を行うことがあります。


診療のご案内

月,火、木,土の午前に,診療を行っています。
臨時で休診の場合がありますので,ご来院前に電話でご確認をお願いいたします。028-648-3851