理念と基本方針

 

基本理念

迅速、ハイレベルという創業理念の下に地域医療、社会福祉に貢献する

 

看護部理念

病院の機能を理解し安全で正確な看護に尽力する

 

基本方針

1.高次元の医療供給体制と常備の救急体制を基本方針とする
2.高次元の医療を果たすためマン・パワ-の質的向上を図り医療機器に対する関心
  を怠らない

 

患者様の権利

医療を受ける権利
いつでも、必要かつ充分な医療サ-ビスを受ける権利があり、また医療保障の改善を国や自治体に
要求する権利を有します。

丁重で専門的な対応と援助を受ける権利
患者様は、医師をはじめとする全ての職員に敬意を込めた丁重な対応を受け、病状等に応じて専門
的な意見(セカンドオピニオンを含む)と援助を受ける権利を有します。

知る権利と自己決定権
患者様は、自己に関する医療情報について、カルテ・検査結果・レントゲンなど、医療記録の閲覧
または複写を請求する権利を有します。また、医療について充分な説明を受け理解した上で、自ら
の意志に基づいて治療方法等に同意・選択・拒否をする権利を有します。

プライバシ-を保護される権利
患者様は、個人の秘密や医療に関する個人情報を保護されるとともに、私的なことをみだりに干渉
されない権利を有します。

学習する権利
患者様は、健康や病気、医学知識や医療制度、福祉や社会保障制度を学習する権利を有します。

医療参加の権利
患者様は、医療内容や病院の運営につき苦情や意見を述べ、医療従事者とともに医療改善の活動に
参加する権利を有します。

 

患者様の責務とお願い

1.知らせる責務
ご自身の病状やお薬について、また、ご自身の治療に関ご希望等を、事前に担当の医療従事者に
知らせください。

2.確認の責務
説明や指示を理解することに努め、わからない事があればご質問ください。

3.協力の責務
診療上必要なル-ルはお守りください。適切な医療を受けるため、受診される皆様のご迷惑になら
ないようご配慮ください。

院内の風紀を乱すような行為(暴力・暴言)を行った場合は、診療を中断する場合があります。
故意または過失などにより病院の設備、物品などを破損された時は弁償していただく場合があります。

4.支払いの責務
受けた医療等に関する医療費は、できるだけ速やかにお支払ください。